2021年4月22日木曜日

第17回研究会のお知らせ


第17回研究会を下記の通り開催いたします。

ふるってご参加ください。

日時: 2021年6月19日(土)14:00~ (オンライン形式)

※参加される方はお申込みフォームよりお申し込みください(6月16日締め切り)。

※Zoomを使用します。対応するブラウザはChrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Apple Safariです。当日、ミーティング情報をお申込み時にいただいたメールアドレスにお送りします。

報告1:伊藤純(川村学園女子大学)

「「伝承者」と言われて・・・―芸能研究におけるオートエスノグラフィ分析」

 発表者は毎年8⽉に故郷の神社のお祭りで獅⼦舞を奉納し続けている。かれこれ20年になるかと思う。そのためか、しばしば「獅⼦舞の伝承者」として紹介されることがある。こうした「伝承者」というラベルを貼られるたびに、その状況を受け⼊れながらも、「伝承者」という⾔葉に違和感を覚え、時には地元の仲間に対する後ろめたさを感じていた。発表者がすすんで「伝承者」と名乗ることはほとんどない。 

 俵⽊悟は「「伝承者」とか「担い⼿」というような⾔葉を、ある⺠俗芸能を担う複数の、様々な⽴場の⼈々を⼗把⼀からげにして、違和感を感じることもなく使い続けてきたという点で、⺠俗芸能研究の右に出るものはないのではないか。」とこの⾔葉に疑問を呈している[俵⽊2009]。その指摘より10余年経った現在もさして状況は変わらない。むしろ、東⽇本⼤震災やコロナ禍としばしばセットで取り上げられる「⺠俗芸能の危機」とあいまって「伝承者」という⾔葉の存在がますます⼤きくなっている。

 そこで本発表では⺠俗芸能に関わる⼈々を「伝承者」と⾔い表すことによって「顕在化されるもの/潜在化されるもの」について考察する。そのために「伝承者」と⾔われ続けて久しい発表者じしんのこれまでの経験を社会的⽂脈に置き直し、分析する。こうした⽅法はオートエスノグラフィという⽅法にあたるが、本発表では「調査者が⾃分⾃⾝を研究対象とし、⾃分の主観的な経験を表現しながら、それを⾃⼰再帰的に考察する⼿法」として捉えておく[井本2013]。実演者が少なくない芸能研究において、⾃⼰の経験を考察の対象とすることの意義も同時に⽰したい。

※参考文献

井本由紀2013「オートエスノグラフィー」『現代エスノグラフィー―新しいフィールドワークの理論と実践』新曜社

俵木悟2009「民俗芸能の「現在」から何を学ぶか」『現代民俗学研究』1



報告2:鈴木昂太(東京文化財研究所 研究補佐員)

「 芸態研究の可能性―岩手県北上市和賀大乗神楽の事例に基づいて―」  

 芸能文化研究会第14回研究会では、久保田裕道氏が「芸態研究のススメ」と題した発表をされた。芸態の分析方法をさまざまな実例を挙げて説明された久保田氏の問題提起は、今後の民俗芸能研究の在り方を考えるうえでも重要なものである。そこで今回の発表では、筆者なりの芸態研究の方法(可能性)を提示することを目的としたい。

 芸態研究においては、「芸態」という言葉の定義を確認するとともに、以下の二つの問題が考えられる必要がある。

 一つ目は、演ぜられている芸能を、どのように把握(理解)し、芸態として取り出すかという認識論的な課題である。一つの芸能は、舞(身体表現)や奏楽などさまざまな要素から成り立っている。そのうちの何を、どの視点から把握すれば、芸能を理解したことになるのだろうか。

 二つ目は、把握した芸態(データ)を、どの視点から分析し、論として広げていくかという問題である。筆者は、ある一つの芸能の芸態を理解した後には、他の芸能との比較や論者それぞれの観点から考察を行うなどして、より多くの研究者の関心を集めるかたちで芸態(データ)を提示しなければならないと考えている。こうした「翻訳」の作業は、芸態研究を実りあるものとするためには必須である。ただの芸態分析に留まらず、芸態のあり方から立ち上げた論を広げる分析方法には、どのような視点があるのだろうか。

 以上の課題を、岩手県北上市煤孫地区に伝承される和賀大乗神楽の事例に基づいて検討していきたい。その際には、神楽の伝承者が自身の舞を説明する際に語る「手次」という概念に注目して論じていく。


2021年2月26日金曜日

第16回研究会のお知らせ




第16回研究会を下記の通り開催いたします。

新型コロナウイルス感染拡大を鑑みオンライン形式で開催します。

多くのご参加をお待ちしております。


日時: 2021年3月20日(土)14:00~ (オンライン形式)

報告1: 荒木真歩 ( 神戸大学大学院 )

薩摩硫黄島の民俗芸能の現在ー三島村の民俗・人類学的研究史をふまえてー

 硫黄島とは、鹿児島県鹿児島郡三島村に属する離島であり、両隣にある竹島・黒島とあわせて三島村を構成している。硫黄島は周囲145㎞、面積1165㎡の小島でフェリーでは鹿児島港から約4時間かかる。人口は約120人で、島には中学までしかなく高校進学と共に鹿児島に出るのをきっかけに帰村する人は少なく、移住者は一定数いるものの過疎化・高齢化が進んでいる。

 一方で硫黄島は俊寛伝説があることから歌舞伎役者の故・中村勘三郎が硫黄島を舞台に俊寛を演じたり、西アフリカの太鼓ジャンベが持ち込まれアジアで初めて開校したジャンベスクールによる国際ワークショップがあったり、2018年には「来訪神」を構成する一つとして、八朔の行事に登場するメンドンがユネスコの無形文化遺産の代表一覧に記載されるなど、国内外の様々な点から注目されている。

 本発表では対外的に複数の点でのみ知られてきた硫黄島を中心にまずは三島村の歴史的背景を押さえ、民俗学や人類学の分野で三島村がどのように調査されてきたのかを整理する。その上で芸能を通して硫黄島の現在を紹介する。
 三島村の歴史はあまり知られていないが、三島村という村が誕生したのは1946年で、今年は村立75年目を迎える。三島村はそれまで十島村(としまむら)と共に、十島村(じっとうそん)の名で同じ行政下にあった。終戦と同時に北緯30度以南の下七島(現十島村)が米軍の行政下になったことをきっかけに三島村として分村した。
 調査は1934年5月におこわなれた、渋沢敬三を中心とするアチックミューゼアム調査「薩南十島調査団」の影響が大きい。この調査に参加していた早川孝太郎の三島村(特に黒島)の調査がなければその後の民俗学的調査の発展はなかったと言っても過言ではない。1980年代になると社会学・人類学的調査が増え、年齢階梯制、親族関係、そして伝統的諸慣行の調査が進んだ。
 芸能や伝統行事に関しては、八朔太鼓踊りとメンドン、ハシタマツ(柱松)と盆踊り、九月踊りを対象に民俗学者らによって文化財調査として内容の報告がなされたり、歌詞の検討、鹿児島県下の芸能として分布研究がなされてきた。しかしこれまでの社会学・人類学的な研究とは関連付けて言及されてこなかった。ゆえに発表の最後には現在の芸能の実践をとおして島の社会的状況を描き出す。

報告2:髙久舞(國學院大學兼任講師)

八王子市小泉家を中心とした芸能の系譜とネットワーク

 民俗学における「伝承者」とは「ある社会の人々として集団的にとらえられることが、伝承者を論じるときの前提」として考えられ、これは民俗芸能の伝承者においても同様であり、個ではなく集団であること、また専業者ではなく非専業者がその対象であった。しかし実際に芸能が伝承される場では、集団を形成している個々人は一人ずつ個性のある人物であり、特にその芸能を次世代、他空間へ伝承する際には少なからずある特定の個人が関わっている。 
 1990年代以降、民俗芸能研究は「現場主義」「実践主義」が研究の主体となっていく。研究の潮流が変わる文脈の中で改めて注目されたのが、民俗芸能が伝承される上で存在する「個」であった。「異常人物」や「独創的かつ個性的な人物」に対する言及(橋本2006、2015)や、「民俗社会と演技者個人の〈知〉や個性」(大石2007)や人々の関係性と日常に注目する(松尾2011)など、各研究者が民俗芸能の伝承における「個」について関心を寄せているが、これらはいずれも単発的であり、民俗芸能のパーソナル研究としてまとまったものはない。
 筆者の考える民俗芸能のパーソナル研究とは、伝承者である個々が様々な立場から関係性を見出し、その関係性の中で芸能を伝承していくという考えを基点としている。その中には「異常人物」や「独創的かつ個性的な人物」も含まれているが、この「異常人物」を受容するか否かも伝承における一つのあり方として考えるべきだろう。筆者はこれまで拙著(高久2017)、拙稿(高久2018)のなかで芸能伝承における個の存在について言及しているが、これに対して俵木は「個性的なものと集合的・共同的なものに対立させるのではなく、両者をともに視野に収め、その絡み合いを解き明かす方向性」(俵木2019)と指摘する。
 本発表では俵木の指摘する個と集団の絡み合いを解き明かす方向性を見出すための端緒として、八王子の神楽師である小泉家の人と芸の痕跡を追いながら、彼らが与えた影響と役割や影響を与えられた側との関係性について明らかにすることを目的とする。

参考文献
橋本裕之2006『民俗芸能研究という神話』森話社
橋本裕之2015『芸能的思考』森話社
大石泰夫2007『芸能の〈伝承現場〉論』ひつじ書房
松尾恒一2011「柳田国男と芸能研究、柳田国男の芸能研究」小池淳一編『国立歴史民俗博物館研究報告 第165集〔共同研究〕日本における民俗研究の形成と発展に関する基礎研究』国立歴史民俗博物館
高久舞2017『芸能伝承論-伝統芸能・民俗芸能の演者と系譜』岩田書院
高久舞2018「伝承キーパーソンと祭囃子-東京都大田区、神奈川県川崎市を中心に-」『國學院雑誌』第118巻第4号
俵木悟2019「民俗芸能を開く/拓く」『日本民俗学』300号 日本民俗学会

※参加される方はお申込みフォームよりお申し込みください(3月19日締め切り)。

※Zoomを使用します。

2020年8月14日金曜日

第15回研究会のお知らせ





 第15回研究会を下記の通り開催いたします。新型コロナウイルス感染拡大を鑑みオンライン形式で開催します。多くのご参加をお待ちしております。


日時: 2020年9月19日(土)14:00~ (オンライン形式)

報告1:市東真一(神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員)

「オフリョウ神事の研究ー穂高神社御船祭を中心にー」

 本発表では、長野県安曇野市の穂高神社で開催されるオフリョウ(御布令)神事に注目する。そこから、オフリョウと称する行為の意味やその展開を分析し検討を行う。

 発表者は2018年より安曇野市教育委員会主催のお船祭調査団に参加し、オフネ祭の調査を行ってきた。穂高神社の御船祭は、毎年9月26~27日に開催される大型の船型の曳きものが登場する祭礼である。この御船祭では、宵祭と本祭の神事終了後に「オフリョウ(御布令)」と称しして、三階菱の旗を先頭に境内を時計回りに3周することが行われている。このオフリョウという行事については、行われるようになった時代、行う目的について長らく明らかにされていなかった。調査団の中でも、このオフリョウの行事について重点的に調査が行われていたが、それらについて明らかすることができなかった。

 オフリョウという行事については、穂高神社以外にも安曇野市内で開催される曳きものが登場する祭礼でも行われており、過去に刊行された複数の報告書等で報告されてきた。しかし、それらの報告書などでは、この行事についての意味合いや比較などが十分な検討がなされていなかった。さらに、オフリョウと称される行事については、近隣の松本市内の祭礼でも存在が確認されている。これらのオフリョウの行事についても同様に、報告書に記載されているものの安曇野市内のオフリョウとの比較検討が行われていなかった。

 本発表では、以上の課題をもとに穂高神社の御船祭を中心にオフリョウを行う意味とその展開について検討を行う。特に発表では、①オフリョウ旗の存在、②オセンド(御千度石)との関連、③オフリョウと観客との関連について報告する。併せて、松本市内の祭礼で行われているオフリョウとの関連についても報告していく。

 


報告2:ヤンセ・ヘルガ(日本学術振興会外国人特別研究員・東京文化財研究所)

「ユネスコ無形文化遺産保護条約とジェンダー―日本の記載文化遺産を分析対象として」

 文化遺産をジェンダーの視点から眺めてみると、両者が深い関係にあることが見えてくる。まず一つ言えるのは、文化遺産やその保護に関する制度・体系・言説の基礎には、ジェンダーの要素が存在していることである(Smith 2008)。また、ジェンダーによる役割分担、ルール、参加可能性が定められている文化遺産は、ユネスコの文化遺産に関する条約、特に無形文化遺産保護条約のなかに存在している。

 このように、ジェンダーは文化遺産の構成要素の一つになっているが、ジェンダーに関する課題は複雑であるため、触れられないことが多い。特に、伝統的な行事の中でのジェンダーに関する課題は、繊細な扱いを受けている。そのため、ジェンダーに関する差別は、グレーゾーンにされ、議論が棚上げにされがちである。さらにShaheedは、ジェンダー差別が、文化・宗教・伝統と結び付けられて守られていると指摘している(Shaheed 2014)。

 こうした状況は、無形文化遺産保護条約に関しても、2013年に発行されたユネスコの調査報告において指摘された。議論が避けられてきた理由は、もしこの条約テキストのルールを厳密に守った場合、多くの無形文化遺産は記載できなくなる可能性が高いからだという(UNESCO Internal Oversight Service 2013, paragraph 72)。しかしながら、ジェンダーというトピックは近年徐々に注目されてきており、今後は避けられない課題である。

 本発表では、一つの国の代表一覧表に記載されている無形文化遺産を対象とし、推薦や記載に関する公式書類の中にあるジェンダーに関する情報を分析する。グレーゾーンであるため情報が少ない中で、どれだけジェンダーに関する状況が把握できるのかを明らかにしていきたい。


参考文献

Shaheed, Farida. 2014. Foreword in Gender Equality, Heritage and Creativity. UNESCO.

Smith, Laurajane. 2008. “Heritage, Gender and Identity.” In The Ashgate Research Companion to Heritage and Identity, eds. Brian Graham and Peter Howard. Ashgate.

UNESCO Internal Oversight Service. 2013. “Evaluation of UNESCO’s Standard-Setting Work of the Culture Sector: Part I – 2003 Convention for the Safeguarding of the Intangible Cultural Heritage.” Final report. IOS/EVS/PI/192. 



※参加される方はお申込みフォーム(https://forms.gle/qXbG2msShrg6Z8nR8)よりお申し込みください。

※Google Meetsを使用します。対応するブラウザはChrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Apple Safariです。当日、ミーティング情報をお申込み時にいただいたメールアドレスにお送りします。


2020年7月11日土曜日

第85回神戸人類学研究会

研究会のご案内をいただきましたので掲載いたします(芸能文化研究会の催しではありません)。

************
第85回神戸人類学研究会

〈日時〉2020年7月27日(月)17:00〜18:30

〈場所〉オンライン(参加登録はこちらのURLから、7月27日の13時までにお願いします)
    https://jp.surveymonkey.com/r/RKRF3Q5

〈発表者〉三隅貴史 氏(関西学院大学 大学院研究員)

〈発表タイトル〉共同性、自己充足、そして公共財―3つのアクターからみる東京圏の神輿渡御―

〈要旨〉
現代の東京都区部には、一見すると神輿渡御が衰退する要因になると思える社会的環境が複数存在している。しかし実際には、2020年を例外として、多くの地域で神輿渡御が活発に行なわれ続けているのだ。これはいったい、なぜなのだろうか。
本発表では、都区部東部地域における、町会(地域住民を中心とした、祭礼運営の実働部隊)と神輿会(年に複数回、祭礼やイベントにおいて神輿を担ぐことを続けている神輿愛好家による集団)、そして、非参加者との神輿渡御内外での関係性を説明することをとおして、上述の問いに答える。とくに本発表で注目するのは、成員のリクルートメント方法や社会階層の差異と、神輿渡御にたいする価値づけと実際の役割の差異の2点である。
以上の問いに答えることをとおして、東京都区部の神輿渡御を今日の姿にすることに寄与している、共同性の論理、自己充足の論理、そして、公共財の論理の3つの論理について論じる。

〈備考〉
 参加費は無料。
 要参加登録。7月27日13時まで。
 参加登録はこちらから:https://jp.surveymonkey.com/r/RKRF3Q5

〈問い合わせ先〉
 神戸大学大学院国際文化学研究科 文化人類学コース
 神戸人類学研究会:土井冬樹 huyukidoi@gmail.com

(※同様の詳細はFacebookのイベントページにも記載しております:https://www.facebook.com/events/1136666716732896/)

2020年2月29日土曜日

第15回研究会のお知らせ

第15回研究会を下記の通り開催いたします。
多くのご参加をお待ちしております。

今回は普段と違う会場(東京・上野駅近辺)で行います。
参加を希望される方は、geinoubunka@gmail.comまでご連絡ください。

日時: 2020年3月15日(日)14:00~

3月15日に予定しておりました第15回芸能文化研究会は、新型コロナウイルスの感染リスクを回避のため、また会場の方針を受け延期することにいたします。
今後のスケジュールは未定ですが、状況が整い次第お知らせします。

報告1:伊藤純(川村学園女子大学)
 「「伝承者」と言われて・・・ー芸能研究におけるオートエスノグラフィ分析」
報告2:鈴木昂太(総合研究大学院大学)
 「芸態研究の可能性―岩手県北上市和賀大乗神楽の事例に基づいて―」

発表要旨は後日、掲載いたします。

2019年12月5日木曜日

第十四回研究会のお知らせ



第14回研究会を下記の通り開催いたします。

日時: 2019年12月21日(土)14:00~
於 :早稲田大学人間総合研究センター分室(27-8号館)
  (新宿区戸塚町1-101 高田牧舎2階)

議論への積極的な参加を歓迎します。
事前に以下のアドレスまでメールをいただけると幸いです。
geinoubunka〇gmail.com(〇を@に変えてください)

報告1:遠藤協(記録映像制作・ドキュメンタリー映画制作配給)
「無形民俗文化財の映像記録制作事業」という営み 
 無形民俗文化財の伝承や保存において、映像(動画)は有力なツールとしてみなされ、とりわけ民俗芸能や民俗技術・行事の記録映像が数多く作られてきた。こうした無形民俗文化財の記録映像制作の多くが、都道府県や市町村、大学や博物館等の調査研究機関、助成金等を得た保存会や伝承者が実施主体となって、「事業」の形態で行われる。発表者は、記録映像制作をなりわいの一つとする映像ディレクターとして、これまでに複数の「映像記録制作事業」に携わってきたが、通常そのプロセスが知られることは少ない。発表者は記録映像の資料批判および方法論を検討する材料を提供するために、実際に携わった事業の「覚書」を書き留めてきた(遠藤2015、2019)。本発表は、そうした実際の経験に基づき「映像記録制作事業」の課題や、無形民俗文化財の伝承や保存に与える影響を、映像制作者の立場によって整理しようと試みるものである。映像作品も参照しながら下記のような話題に触れる予定である。

●映像の特性と「映像記録」
●「映像記録」なのか「記録映像」なのか
●助成金と入札ー事業をめぐる制度
●「普及版」「記録版」「伝承版」ー3点セットの限界
●事業そのものが発揮する伝承への影響
●予算なき時代の記録映像とは
  
遠藤協、2015、「『西久保観世音の鉦はり』の映像記録作成について ―ディレクターの立場からの報告―」『入間市博物館紀要11号』
遠藤協、2019、「『落合西光寺双盤念仏』映像記録製作事業について― ディレクターの立場による覚書 ― 」『飯能市立博物館研究紀要第1号』

報告2:久保田裕道(東京文化財研究所)
「芸態研究のススメ」
 民俗芸能研究は、この四半世紀、学問としての確立をすべくその方法論が検証されてきた。本田安次に始まる黎明期の民俗芸能研究の抒情的な部分が批判され、文献資料に基づく客観的分析が重視されるようになった。特に近現代史の研究が進んだことは、芸能史研究においては大きな発展となった。またフィールドワークに根差した研究では、以前は重視されていた信仰的要素が文献資料による歴史研究側に回され、代わりに社会学的な調査研究が多くを占めるようになった。いずれにしても、民俗芸能研究を社会科学としての学術的確立を望むがゆえの方向性だったといえる。
 しかしながら一方で、科学的な研究には必須であるはずの、調査対象つまり民俗芸能の客観的記述の方法論はないに等しい状況であり、研究者ごとに思い思いの記述を重ねてきた。道具などの有形部分や音楽に関してはまだよいが、民俗芸能の根幹たる芸態に関しては未だ確立が見られない。本田安次の記述や舞踊譜の存在など初期段階での腐心は、映像記録の普及に伴って関心を持たれなくなったが、さりとて芸態記録の方法論を持たないままの映像記録は単なる記録素材であり、分析のための共通視座が設定され得ない。この方法論の欠如は、芸態による類型化を阻み、結果的に民俗芸能全体の類型分類を不可能にしている。もちろん民俗芸能全体の悉皆調査データが不十分なこともあるが、この問題を解決しなければ、民俗芸能の学術的資料化はなし得ないのではないか。
 以上のような問題意識のもとに本発表をおこなうが、もとより提示すべき試論は持ち合わせていない。芸態を捉えるためには、民俗芸能のジャンル毎の研究者や音楽の専門家、身体論の研究者や映像関係者などによる幅広い議論が必要となる。そのための呼びかけの場になれば幸いである。

2019年10月16日水曜日

民俗芸能学会長岡大会

民俗芸能学会の大会が新潟県長岡市で開催されます。
本研究会の参加メンバーも登壇します。
詳細は民俗芸能学会のサイトをご参照ください。

民俗芸能学会長岡大会
日時:令和元年11月30日(土)~12月1日(日)
共催:新潟県立歴史博物館
後援:長岡市教育委員会、新潟県民俗学会、瞽女唄ネットワーク
会場:新潟県立歴史博物館
  (〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2)

【1日目 ― 11月30日(土)】
受付開始:12:30~
     13:30~ 瞽女唄・佐渡の人形芝居(文弥人形)の鑑賞
            ・瞽女唄「祭文松坂 葛の葉子別れ」ほか
             (出演:越後瞽女唄葛の葉会)
            ・文弥人形「源氏烏帽子折 卒塔婆引きの場・烏帽子折尽し」
             (出演:真明座、解説:鈴木 昭英・池田 哲夫)
     18:00~ 懇親会

【2日目 ― 12月1日(日)】
受付開始:9:30~
研究発表:9:40~
  1.神野 知恵(司会:福原 敏男)
    「伊勢大神楽の回壇における笛の機能について」
  2.木内 靖(司会:福原 敏男)
    「円蔵神楽と禊概念」
  3.大山 晋吾(司会:福原 敏男)
    「宮崎県日南市下方における神楽の伝承組織と演目構成」
  4.黛 友明(司会:星野 紘)
    「神事と遊芸の葛藤」
  5.高久 舞(司会:星野 紘)
    「民俗芸能を『記録保存』する県行政の役割と意義 ― 神奈川県を事例として ―」
シンポジウム:13:00~15:30
   テーマ「民俗芸能と宗教の関係を問い直す」
      報告1 鈴木 昭英「来訪した瞽女さ、実は神様だ」
      報告2 坂本 要「双盤・ドラマ化された念仏」
      報告3 櫻井 弘人「遠山霜月祭における八幡信仰と御霊信仰」
      コーディネーター 小川 直之

本田安次賞授賞式:15:40~15:50

総会:15:50~16:50